5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ブッフバルト

1 :ブッフバルト:03/02/23 14:40 ID:DItzmk+y
誰?

2 :U-名無しさん:03/02/23 14:43 ID:2nMMgfC8


3 : :03/02/23 14:43 ID:Dohp14l8
2?


4 :.:03/02/23 14:44 ID:ukLhoD9o
ミスターレッズに「ギド ブッフバルトなんねてねぇホントに旨くないんですよ」ってラジオで言われちゃったドイツ人

5 : :03/02/23 14:45 ID:5H8pZfdV
>>1
「なんとかコンバット」キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

6 :ブッフバルト:03/02/23 14:45 ID:DItzmk+y
知ってる人教えて。

7 :*:03/02/23 14:49 ID:ljn+wcn+
知らないなら図書館に行けば?

8 :   :03/02/23 14:55 ID:o/0DOJAM
ちょっとケント・ギルバートに似てるドイツ人

9 :ブッフバルト:03/02/23 14:56 ID:DItzmk+y
誰が中に入ってたの?

10 :ブッフバルト:03/02/23 15:09 ID:DItzmk+y
赤いのか・・・

11 :ブッフバルト:03/02/23 20:41 ID:DItzmk+y
最強。

12 :名無しさんの野望:03/02/23 22:49 ID:nnSnerPT
愛称 ギド
国籍 ドイツ
出身地 ベルリン市(旧西ドイツ)
生年月日 1961年1月24日生まれ
身長、体重 188cm、88kg
ポジション DF(リベロ・ストッパー) 守備的MF
家族 シルビア夫人、長男 ヤニック、次男 ユリアン
クラブ SVバンバイル 69〜77
    TSVブリーツハウゼン 77〜88
    シュツットガルト・キッカーズ 78〜83
    VfBシュツットガルト 83〜94
    浦和レッズ 94〜
代表暦 ドイツ代表 76試合、4得点
     ドイツ五輪代表 9試合、 84年ロス五輪出場
主なタイトル 89年 UEFAカップ準優勝
         90年 イタリア・ワールドカップ優勝(7試合出場)
         92年 欧州選手権準優勝
         84年 ブンデスリーガ優勝
         92年 ブンデスリーガ優勝

13 : :03/02/24 07:44 ID:Xz3gFY85
サルベージage

14 : :03/02/24 07:52 ID:CkI4YY2R
どうも、粕谷です。
えー、『フット』をごらんの視聴者のみなさまは、UEFA杯をうすめて拡大したようなチャンピオンズ・リーグなどには眼もくれず、きょうもスカパーで各国リーグをごらんになっていることと思います。
なんといってもですね、えー、バルサの真夜中は別の顔といわんばかりの分裂ぶり、えー、リーガでは降格争い寸前の低迷をつづけながら、CLでは連勝記録という好調ぶりを見せているわけですが。えー、このことをもってですね、ようするに↑!
えー、CLの一時GLは、リーガ・エスパニョーラの中堅どころよりレヴェルが低いじゃないか↑と↓、そういった声も少なからずきこえてくるようです。
そういう結論は、えー、いってみればですね、じゃんけんでグーがパーに敗け、パーがチョキに敗けるから、グーはチョキに敗ける、などというような雑な論理なのですが、それはそれとして、みなさんはぜひ!スカパーのサッカーをごらんください。
さて、前置きはそんなところで、きょうは「思いこみ」についておはなししようと思います。(テロップ:「きょうのテーマ:思いこみ@サッカー」)
えー、サッカー・ジャーナリズムにかぎったことではありませんが?マスコミのもちいる紋切り型の常套句。
えー、よく考えると根拠のない一般論なのに、あまりにくりかえし唱えられているうちに、みんながそれを事実・真実だと思いこんでしまうこと。そういうことがよくありますね。

15 : :03/02/24 07:52 ID:CkI4YY2R
これはフィル・ボールという有名なサッカー・エッセイストが指摘していることですが、えー、「ブラジルのサッカーはサンバのリズムだというが、ロナウドはサンバを聴かない。」
えー、先日、デル・ボスケにチーム・スピリットがないと批判された翌日には、アーセナルに行ってやってもいいよ、みたいなことを口走り、あげくのはてにヴィエラに、おまえなんかいらないよ、といわれてしまったロナウドですが。
そのフィル・ボール氏によれば、ロナウドはディスコ音楽とレゲエしか聴かないのだそうです。えー、そういう選手はほかにもブラジル代表にたくさんいるでしょう。つまり「サンバのリズム」というのは、マスコミが勝手にいってるだけなんですね。
よくよく考えてみれば?(ここいきなり眉しかめ)アルゼンチンのサッカーを観て、「タンゴのリズム」というひとはだれもいませんよね?
あるいは、ロシアのサッカーは、ポルカのリズムなのか。イタリアのサッカーはカンツォーネで、フランスはシャンソンなのか。ご存じのとおり?もちろんだれもそんなことはいいません。
(いきなりワルぶって)だぁったら中国のサッカーは少林サッカーなのかと。いうことになりますね。あ、『少林サッカー』はチャンネル100でごらんになれますので、興味のあるかたはどうぞ。
えー、外国の文化を一面的にとらえ、その一面でのみ語ろうとすることは、たとえば外国のかたが、日本といえばゲイシャ・ハラキリ・フジヤマと思うのと同じです。
だいたい、スシ・ボンバーはやっぱりないだろうとわたしは思いますがどうでしょうか?われわれはブッフヴァルトが来たとき、彼をビールとかフランクフルトなどと読んだでしょうか?

16 : :03/02/24 07:52 ID:CkI4YY2R
さて、スカパーの実況解説でも、これに近い殺し文句が、視聴者のみなさんに刷り込まれかねないいきおいで、無数に生産されています。
たとえば?先週おはなしした、あのチームは弱くて観る価値がない、ですとか?あのチームのサッカーはつまらない、といった独善的な断定。こういったものも、紋切り型の常套句とまではいきませんが、無数にくりかえされ電波に乗せられていきます。
たとえば、どのチームのどの選手とは申しませんが?やれこのキーパーは足もとが弱い、ですとか、このストライカーはよくかんたんなシュートをはずす、ですとか、そういったことが、無数にくりかえされ、聴くものに刷り込まれていくのです。
たしかにそのキーパーは足もとが不安かも知れません。たしかにそのストライカーはイージーなチャンスをきめられないかも知れません。しかし、そのキーパーやストライカーが画面に出るたびに、執拗にそれをくりかえすのはいかがなものでしょうか。
そして、それをききつづける多くの視聴者が、このキーパーは足もとが不安だ、とか、このストライカーはシュートがきめられない、などという結論だけを受けとって、その結論をとおしてその選手たちを観てしまうことになります。
もちろん、そのキーパーはたしかに足下が弱いですし、そのストライカーはかんたんなシュートをつねにはずします。それは事実です。
しかしですね、実況・解説のみなさんが、鬼のクビでもとったみたいですね、やれ足もとだかんたんなチャンスだと、なんどもなんどもいいつづけるのは、はっきりいって疑問です。

17 : :03/02/24 07:52 ID:CkI4YY2R
たしかに共通の知人の話題というのは、日常会話のなかでももりあがります。それが悪口であればなおさら楽しい、ということもあるでしょう。実況・解説のみなさんが、そういう効果をねらっているのもわからないではありません。
ただ、おもしろいことをいおうというのであれば、いつも同じことをいうのではなく、毎回新しいネタを披露してくれる、というくらいの努力をしてもよいのではないでしょうか。
たとえばですね、このストライカーは、出前持ちのどんぶりを何枚もてるか見せようと思って、ぜんぶおとして割っちゃう、って感じですね、といわれれば、それは1回きりですが、聴くほうもほほえんだり爆笑したりせずにはいられないと思います。
そういう努力をなさっている実況・解説担当のかたもいらっしゃると知ったうえで、そうでないみなさんには、猛省をうながしたいと思います。
えー、ところで、そんなこととはぜんぜん関係なく、最後にひとこと申しあげたいと思います。
えー。(カメラ寄る)
(自分を松田優作とカンちがいしているかのようなワルぶった口調で)このスレッドの住人のみなさん。
あのですね。できたばっかりのスレッド、保全するのはいいんですけどね。
1行レスばっかりだとあぶないってはなしもありますよ?
なんか長文ぜんぜんないじゃないすか?だいじょぶですか?(カメラもどる)
えー、そう思って、実はわたしも長文書き込んだんですけどね、なんか不評だったみたいですね。以上、今回はキモワラなしの粕谷のコーナーでし・た。

18 :       :03/02/24 07:54 ID:tRQh+l4E
グラフ(テニスの)にそっくり。

19 :U-名無しさん:03/02/24 08:15 ID:LJPMAPs4
ウイイレでブッフボルトを使ってるよ。

20 :U−名無しさん:03/02/24 11:45 ID:AqIbJMIy
ブッフバルトってマラドーナを抑えた男でサッカー中継で紹介されてた。

http://members.goo.ne.jp/home/sayaka3zue
http://members.goo.ne.jp/home/fumishige


21 : :03/02/24 12:06 ID:s8HcA4of
ブッチワルド


22 : :03/02/24 16:50 ID:vlt39ZzK
稲中卓球部を思い出す

23 : :03/02/24 19:56 ID:ymaPFGZ7
顔だけで笑いのとれる男…

24 :ブッフバルト:03/02/24 21:08 ID:ixGNM7n6
へたれか・・・

25 : :03/02/24 21:33 ID:Xz3gFY85
仮にブッフバルトが「へたれ」だとしたら、彼以外の
日本に来た外国人は「超へたれ」と言っても言いすぎじゃないと思う。

26 : :03/02/25 01:02 ID:G9S3Sms/
敬意を払ってアゲ!

27 : :03/02/25 01:55 ID:uPknTOgY
W杯の時、サインもらったage

28 :U-名無しさん  :03/02/25 03:38 ID:IX3Olqsh
川平の「ブッフバルト」が懐かしい

29 :U−名無しさん:03/02/25 14:51 ID:KX+7HhJM
ブッフバルト

30 : :03/02/25 15:19 ID:TzVk4dWy
稲中の作者は浦和出身で大谷口中が母校で稲中の舞台も大谷口で浦和サポ

31 : :03/02/25 18:31 ID:rdZ40V3u
稲中の作者は岩槻にある某私立高校出身で稲中に出てくる体育教師もその学校の体育
教師がモデルで浦和サポ

32 : ◆NaNasi9zGc :03/02/26 18:33 ID:72CNkR3E
test

33 :  :03/02/27 12:20 ID:RPAi2/lU
元ドイツ代表のギド・ブッフバルト氏(41)が27日、次期日本代表のスタッフ入閣に
名乗りを上げた。この日、ブッフバルト氏は、東京・港区虎ノ門のJリーグ事務局に川淵
三郎チェアマン(65)を表敬訪問。06年、母国で行われる次回W杯に向けて日本サッ
カー界に協力の意思を見せた。

 関係者によると、現在、フリーの立場であるブッフバルト氏は、日本での仕事に意欲を
持っており、川淵チェアマンは「日本のために協力したいといってもらえることはありが
たい。いきなり代表監督ということはないが」と話した。90年W杯の優勝メンバーであ
り、さらに94〜97年、浦和レッズに所属したブッフバルト氏は、両国の橋渡し役には
最適。次期日本代表にテクニカル・ディレクター的な役職を置いた場合、ブッフバルト氏
も有力候補の一人になりそうだ。


34 : :03/02/27 13:44 ID:e7ZMZHll
'92年5月16日、VfBシュツットガルトは最終戦を敵地レバークーゼンで迎えた。試合は1対1の同点。残り時間はすでに5分を切っていた。
 2位につけているシュツットガルト優勝の可能性はそれほど大きくない。とはいえ、この試合を勝たなければ話にならない。
 その時、重苦しい雰囲気を破ってコーナーキックからのボールを頭で叩き込んで勝利を掴み取ったのは、どんな時も諦めずに全力を尽くすチームリーダー、ギド・ブッフバルトだった。
 数分後、首位フランクフルトまさかの敗戦の報が入り、シュツットガルトは8年振りのリーガ制覇を決めた。

35 : :03/02/27 13:46 ID:e7ZMZHll
車 三菱ディアマンテ

36 : :03/02/27 14:05 ID:e7ZMZHll
1歳の時からシュツットガルト近郊で育ったブッフバルトは、'78年、17歳の時にシュツットガルト第2のクラブ、当時ブンデスリーガ2部のキッカーズに加入。ユース大会で活躍し、翌年にはプロ契約を結ぶ。
21歳以下代表での活躍もあって'83年にはVfBシュツットガルトから声がかかり、ついにリーガ1部へ。いきなりリーグ優勝を経験する一方、'84年5月にはA代表デビュー。
さらにはロサンジェルス・オリンピック出場と、ブッフバルトにとって忙しい年となった。
 そしてブッフバルトの名前を世界中に広めたのは、やはり'90年のワールドカップ・イタリア大会だろう。
本大会7試合の全てに出場し、決勝ではストッパーとしてマラドーナを完封。
ベッケンバウアー監督も優勝の影の立役者として賞賛した。

37 : :03/02/27 14:06 ID:e7ZMZHll
生年月日 1961年1月24日

38 :   :03/02/27 21:09 ID:pqlcrykx
大谷口中っていまだにヤンキー多いの???

39 :   :03/02/28 11:05 ID:C9EuPfY2
ワールドクラスの名声を獲得したブッフバルトに外国への移籍話も無いではなかったが、
32年間ずっとシュツットガルトで過ごし、もはや単に1人のディフェンダーとしてではなく、
精神的なものも含めて広く尊敬され、いわばシュツットガルトの象徴になっていた。
'94年、彼が異国での新たな挑戦を選択した際、
VfBシュツットガルトはクラブ史上3人目の名誉キャプテンの称号を彼に送り、
ドイツ協会は規定のキャップ(代表出場試合数)に足りないにもかかわらず彼のために代表引退試合を開催した。

40 :   :03/02/28 11:06 ID:C9EuPfY2
◆Jデビュー  94.8.12 横浜M戦 (三ツ沢)

41 : :03/02/28 12:06 ID:oGQqhxQA
そして星になった・・・

42 :  :03/02/28 13:19 ID:TMkIfhp+
プレイヤーとしてのブッフバルトは、守備のオールラウンダーということになるだろうか。
2度のワールドカップでもストッパー、守備的MF、右のアウトサイド(ウィングバック)を務め、さらにクラブではリベロもこなした。
 この事は単に1対1に滅法強いストッパーというだけでない、彼の卓越した戦術的能力を証明している。
スペースがあれば攻め上がり、また自分が守備を引きつけることによって、
味方のためのスペースを作る...(残念ながらロングパス、スルーパスの精度とという点では今ひとつではあるのだが。)
「つまらない」と揶揄される典型的なドイツサッカーとはまた違う自由でオールラウンドな指向は、
やはり彼が南ドイツ・シュツットガルトの人間であることと無関係ではないように思われる。

43 :  :03/02/28 13:22 ID:TMkIfhp+
◆J初ゴール  94.9.3 横浜F戦 (三ツ沢)
どちらにも点が入る気がしない低調な試合、
ルルがPエリア内で倒されて得たPKをブッフバルトが蹴り、
この試合唯一の得点を叩き出した。
ブッフバルト曰く「(自分がPKを蹴ったのは)監督に指名されたし、
他のメンバーはみんな目をそらしたので... 」

44 :  :03/02/28 15:48 ID:TMkIfhp+
そして、ブッフバルトがブッフバルトたる所以の最後まで挑戦し戦う姿勢。
それを象徴する試合を国内でも見せてくれている。
 '95.7.19、前期リーグを2試合残し快進撃を続けていた浦和は、お互いに優勝の可能性を残す川崎との対戦に臨んだ。
が、慣れない緊張感、守備の堅い格上の相手に先制され沈黙する。
そんな中、1人ブッフバルトだけが周囲に檄を飛ばし、攻め上がり、戦っていた。
75分、ついにそれが実る。エース福田が右サイドを突破、
マイナスのセンタリングを返した先にいたのは、最終ラインから駆け込んできたブッフバルトだった。
 国内初登場の94年ナビスコカップ、生涯初と言われる12番を背負った試合... 等々、
「浦和のブッフバルト」のベストゲーム候補はいくつもあるだろうが、
最終的には延長で力尽きたこの試合が最も彼らしかったという気がしてならない。

45 :ひよこ名無しさん:03/02/28 16:53 ID:zsEoLYua
ブッフバルトで真っ先に思い出すのが、あのスライディングタックルだね。

46 :ブーフバルト:03/02/28 23:10 ID:2faIQRur
退団セレモニーの時、怪我してたから
白馬に乗って駒場一周した話はスルーですか?

赤い靴履いてたねぇ

47 : :03/03/01 11:24 ID:yMKo9fmz
何それ朝鮮人?

48 : :03/03/01 11:27 ID:DMPEd/YM
怪我してたからだったのか・・・

49 : :03/03/01 15:56 ID:yMKo9fmz
最強?

50 : :03/03/01 15:59 ID:a05YpcQp
ブッフバルトがいた時代のレッズが今のところ一番好きかも

51 : :03/03/01 16:45 ID:sBldLCkz
ブッフバルトが来る前のレッズはヘタレだった
ブッフバルトが去ったあとレッズは再びヘタレとなった

52 : :03/03/02 12:38 ID:TdCR+8Q8
レッズ=ブッフバルト

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)