5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一行リレー小説in大学学部・研究板

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 05:56 ID:???
俺はいつものように大学に向かう電車に乗っていた。
その時、

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 06:43 ID:???


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 07:25 ID:???
成したはずの昨日のレポートを家に置き忘れたことを思い出した!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 09:18 ID:???
しかし俺はあと15分で英語の再試が始まってしまう事に気付いた。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 09:21 ID:???
どうする?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 14:31 ID:U8/nkVf9
アイフル〜

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 14:43 ID:???
突然その謎の言葉が頭をよぎった。こ、これは一体…?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 14:49 ID:???
一瞬疑問に思ったが,その疑問はすぐに解けた。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 15:54 ID:???
目の前を疾風のように走り去った線路脇の広告塔のサブリミナル効果だ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 16:08 ID:5x9SKd+9
15分後の英語再試、レポートの提出期限まで後2時間。これからの計画を立ててみた。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 16:20 ID:???
大学にはあと40分はかかる、どう考えても遅刻だ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 16:31 ID:5x9SKd+9
レポートだけならば、今から引き返せば間に合うのではなかろうか?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 16:40 ID:???
だが、電車の中でレポートを書き、大学に着いてから残りの試験時間35分で問題を解けば・・・

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 20:25 ID:???
すぐさま俺は書き始めた──「中央線沿線の広告塔のサブリミナル効果について」。「現在、中央線では、


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 20:54 ID:rAEhzWyu
研究紹介求む理・工・理工系

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 21:19 ID:???
という意味不明の広告塔が極めて多く見られる

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 21:23 ID:???
。これは理系の大学生及び大学院生に向けられたもので、この一文を目にした者は、

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 22:38 ID:???
無性に大量のマヨネーズがかかったバームクーヘンを食べたくなり、

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 23:08 ID:lEe0m1B3
挙句にはマヨネーズを一気飲みしてしまいたい衝動に駆られる。


20 :けいり ◆8RYUNEN0T2 :04/03/03 23:18 ID:???
というような症状が現在確認されており、電脳汚染と呼ばれるこの現象は

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 23:36 ID:???
今後全世界を席捲することが懸念されている」──俺はペンを走らせる手を止め、できた、とつぶやいた。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 23:55 ID:???
ああー今年でついに30か・・・・ふと実家の母の顔が浮かぶ

23 : ◆mol/I3/ca2 :04/03/04 00:11 ID:???
などと思っていると、反対側に座っている彼女に目がいった

24 :学生さんは名前がない:04/03/04 06:21 ID:wrfTnti1
My name is asaharashoukou.I have no sarin gas.POA!POA!

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 06:53 ID:???
とプリントされた迷彩柄のタンクトップを着たスキンヘッドの女性であった。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 07:58 ID:???
彼女が急に発狂しないかと心配していたところ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 11:28 ID:???
俺の隣に座っていたキモオタが突然立ち上がり、

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 12:36 ID:???
どうする〜アイフル〜

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 13:51 ID:???
と歌いだし、その途端、あのチワワに変身したではないか!

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 15:25 ID:???
しかし所詮はチワワに過ぎなかった。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 16:03 ID:xvBq0FWv
スキンヘッドの女性は、そのチワワをつまみ上げ、ぱくりと一飲みにしてしまった。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 16:16 ID:???
唖然としている俺に隣に座る老人が言った。「これはすべておまえの幻覚。サブリミナル効果によるものじゃ」

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 16:49 ID:???
俺はエヴァンゲリオンの最終話を見ているような気分に襲われた。

34 : ◆mol/I3/ca2 :04/03/04 16:50 ID:???
俺『・・・・・。(最終回ってどんなんだっけ?)』

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 16:59 ID:xvBq0FWv
記憶というのは曖昧である。覚えているつもりであっても実はイメージのみであることは多々ある。俺はレポートのヒントを得た。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 17:12 ID:ndeRKICA
そして、おれは鳥になった。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 17:58 ID:???
俺は窓から飛び出し、大空を舞った。すると、向こうから大鷲が俺をめがけて飛んでくる。危ない!

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:14 ID:ndeRKICA
と、そこでおれは夢から覚めた。
シーツはおねしょで濡れていた・・・

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:16 ID:???
またか・・・俺はつぶやいた。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:19 ID:???
だが、濡れていたのはシーツではなかった。電車のシートだ。隣の老人がまた声をかけてきた。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:21 ID:ndeRKICA
老人「わしはもうじき死ぬ。これをくれてやる!」
それは100億円の小切手だった・・・

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:23 ID:???
俺は何がなんだか分からなくなった。一体どこまでが現実なんだ! それともすべては幻なのか?


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:29 ID:???
そこに髪の青い女が現れてこう言った。
「これがあなたの望んだ人生、そのものよ」

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:30 ID:???
「お、俺の望んだ人生だって? 俺の人生って一体何だ?」俺は考え込んだ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:40 ID:xvBq0FWv
惜しみなく資金をつぎ込み、ノーベル賞級の大発見をすることが俺の望む人生である。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:42 ID:???
「ノーベル賞級の大発見も大発明もいいですけど、その濡れたシートを何とかしてください」と髪の赤い女が言った。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:46 ID:???
俺はとっさに「実はこれチワワがやったんです。勘弁してください。」と言い訳した。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:49 ID:???
そして、ふたたび、おれは鳥になった。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:54 ID:???
気がした。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 19:04 ID:???
「ようやく気づいたか」例の老人だった。「すべてはおまえの幻覚。『研究紹介』とはこのこと。おまえは今実験台になっていたのじゃ」

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 19:14 ID:xvBq0FWv
老人は流れるように語り続けた。「都合が悪くなると鳥になりたくなる薬のな。」


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 19:16 ID:???
沈黙が流れた。昼の強い陽に濡れたシートも乾きつつあった。シートから立ち上る湯気に軽くむせる思いがした。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 22:58 ID:???
俺は思った。医学の発展に繋がるのなら,俺はおねしょをしても構わないと。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 01:04 ID:???
そしてまた沈黙が流れた。闇の深淵とも思える沈黙が。

55 :学生さんは名前がない:04/03/05 05:01 ID:i2nNHVU6
沈黙は乗客の突然の狂声に破られた。進行方向を振り向く。
前の車両との連絡通路の扉が乱暴にこじ開けられ、2メートル半はあろう得体の知れない化け物がヌッと姿を現した。
人型をしたその巨人は全身が灰色の鋼鉄のような筋肉で覆われ、不自然に隆起した巨大な左手、
いやあれは手なんかではない、そう、大きく鋭い鍵爪になっており、無残にも全裸の若村麻由美嬢を串刺しにしたまま、
その皇かな白い肌を貫いたみぞおちのあたりから夥しい乙女の鮮血を滴らせていた。
「お、おまえはシャクソン!?」誰かが叫んだ。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 06:46 ID:???
「ここは一行リレー小説です。」

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 08:51 ID:???
と髪の青い女が言った。俺は長文が大嫌いだったので,俺もすっきりした。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 11:18 ID:???
「だから言ったろ」老人がふたたび口を開いた。「すべては幻なのじゃ。気に入らぬ光景は見ず、現実と立ち向かうのじゃ。
サブリミナルの罠から逃れるのはそれしかない」だが、その老人の言葉は二行だった。俺は気に入らなかった。これも幻なのか?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 12:40 ID:???
そして・・・長い午後が始まる。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 12:56 ID:???
大学までの40分がやけに長い。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 13:39 ID:???
前の一文からすでに40分経っているように思えるのだが、まだ着かない。気のせいか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 14:09 ID:???
いかん、このままでは落ちる!と思った瞬間、

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 14:17 ID:???
どさっ! 救いの手が俺を受け止めてくれた。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 16:27 ID:???
俺を助けると救いの手はずるずると窓をよじ登り、外に消えた。まるで元気のないてっちゃんのようだった。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 17:13 ID:???
我に返って電車の椅子に座ると,やはりシートからの湯気に軽くむせてしまった。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 17:48 ID:???
堂々巡りの状況に俺はめまいがしてきた。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 17:57 ID:???
そろそろ駅に着くころだ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 18:40 ID:???
駅についた。その刹那!SWATが銃を構えてなだれ込んできた。「動くな!」

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 20:16 ID:???
俺も、スキンヘッドの女性も、髪の青い女も、髪の赤い女も、びくっと身構えた。だが一人、例の老人は、

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 22:03 ID:???
「この〜果報〜〜」

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 22:18 ID:???
腕にネジがついているのだ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 23:42 ID:???
そして言った。「ごくろう。この乗客の中に奴はいる。探し出せ!」

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 23:53 ID:???
あの老人はSWATだったのか?俺はあの老人を見た。無表情で何を考えているか分からない顔をしている。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 00:18 ID:???
SWATは乗客をかきわけ、一人の男を捕まえた。なんと、再試の英語講師だ。これは一体どういうことだ??

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 09:24 ID:???
SWATが講師を脅しているようだ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 12:02 ID:???
その時老人が出てきてこう言った。「君の再試を延期させてやる。安心したまえ。」

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 16:43 ID:???
俺はその言葉の裏を測りかねた。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 17:26 ID:ReUr/tzV
一つ言えるのは,何のメリットもないという事だ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 23:28 ID:???
なぜなら俺はアメリカ人だからだ。再試なんて軽いもんだ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 00:10 ID:???
はっ、もしかして俺が童貞だからか?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 09:34 ID:a64t/OdE
そう思ったとき老人はぶさめん女を

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 12:13 ID:???
俺の前につれてきた。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 12:52 ID:sSZjabV4
女は今時珍しいつながり眉毛で髭のような濃い産毛が口の上に生えていた。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)